患者の立場から、唯一無二の症例を言語機能の研究者に提言したい
 yoshimasadayo さん 男性
2017-05-11 07:04:44
現在解決に向けて難渋しております。

症状としては全く正常な舌に対し、矮小化した顎の骨格(特に上顎の)、特に舌が言語の発声時当たったり、動かす時に必要な空間が極端に狭いため、ろれつが回らず、言葉コミュニケーションに苦労しております!
そして2つの事実が問題解決に向けての障害となっているのです!

一つは私の症例が恐らく前例がないということ!
普通人間は未知の事象と遭遇すると、戸惑い目をそむけ、それから逃避してしまうものですね!
もう一つはこの事象の問題点を専門家からの提言ではなく、患者の立場たる私からの提言であるということです! 
しかし言わせてもらえるなら我が60年にも及ばんとする人生でこの事象に否が応でも取り組まざるを得ず、紆余曲折の後ようやくたどり着いた分析及び結論なのです!
 
私のホームページ(https://yoshimasada.jimdo.com/)を見ていただければ必ず共鳴して頂けると確信しております!

終わりにあたって再度申し上げます!
唯一無二の症例であり、患者の側からの提言なるが故、解決への道で停滞難渋しております!
私のホームページ(https://yoshimasada.jimdo.com/)をご覧ください!まだ未完成ということもありますので随時情報をアップしていこうと思っております!

舌と上顎の掘られ具合の相関関係による言語機能を研究しておられる方、是非とも手を挙げて頂きたい!
何卒宜しくお願い申し上げます!
 
加藤デンタルクリニック(横浜市中区)の加藤です。

yoshimasadayo さんこんにちは。

個人で研究して解決しようと考えておられるのですね。
すばらしいですね。

矯正の分野では、舌の使い方が摂食嚥下・発音等で正しく使えていない場合は、正しい摂食嚥下発音を獲得するためのトレーニング MFTがあります。

参考になれば。
2017-04-26 07:04:44

この相談の詳細情報
このページは歯チャンネル提供のリンク機能を使用して、原文より一部抜粋したものです。
全ての質問文と回答を見る際は、原文をお読みください。
原文を見る 患者の立場から、唯一無二の症例を言語機能の研究者に提言したい
メインカテゴリ 専門的な質問<220>
その他<759>
サブカテゴリ 補綴関連<36>
その他(その他)<120>
       
歯科相談 メインカテゴリ一覧
歯医者さんの探し方<27>
抜歯(抜けた・抜く予定)<911>
歯の異常・トラブル<273>
歯の痛み<333>
知覚過敏<25>
虫歯(むし歯)<273>
歯の根っこの病気・異常<105>
根管治療(神経・根の治療)<228>
歯茎(歯ぐき)の病気・異常<235>
歯茎(歯ぐき)の痛み<61>
歯周病(歯槽膿漏)<95>
歯列矯正(矯正歯科)<348>
歯並び(歯ならび)<177>
噛み合わせ(咬合)<61>
歯軋り(歯ぎしり)<62>
顎関節症<72>
審美歯科・美容歯科<60>
歯のホワイトニング<17>
口臭<16>
親知らず(親不知)<655>
上顎洞炎(蓄膿症)<36>
小児歯科・子供の歯<169>
妊娠〜出産〜授乳<39>
歯磨き(プラークコントロール)<43>
舌、粘膜、唇の病気・異常<165>
アレルギー(過敏症)<63>
麻酔<105>
薬剤<71>
レントゲン・CT<33>
歯科恐怖症<41>
治療費・費用<65>
医療ミス・裁判・不信感<172>
詰め物、インレー<103>
クラウン(差し歯・被せ物)<209>
支台築造(歯の土台)<15>
インプラント<478>
ブリッジ<163>
部分入れ歯(部分義歯)<90>
総入れ歯(総義歯)<16>
衛生士・技工士・歯科助手<67>
専門的な質問<220>
歯科と全身疾患<110>
海外<118>
その他<759>