妊娠中のホルモンの関係で歯周ポケットは改善しませんか?
 秋桜○ さん 女性
2018-09-09 23:31:07
先日、妊婦歯科検診にいきました。

虫歯はなかったのですが、歯周ポケット?の深さが4mmの箇所がありました。
次回、歯の清掃をしてもらうのですが、妊娠中のホルモンバランスの関係で改善されることはなく、出来て現状維持だと言われました。

普段は歯磨きやたまにフロスを使っています。
本当にこのまま改善することはないのでしょうか?

妊娠初期は吐いたりしましたが、現在(29w)はもう吐くこと無くなっています。

よろしくお願いします。
加藤デンタルクリニック(横浜市中区)の加藤です。

秋桜○ さんこんにちは。

先日、妊婦歯科検診にいき、虫歯はなかったが、歯周ポケットが4mmと深いところがあったのですね。

そこで次回、歯の清掃をしてもらうことになったのですね。それは良いことだと思います。

確かに、妊娠中は特定のホルモンが多くなり、それによて特定の歯周病菌が増殖傾向にあり、妊娠性の歯周炎歯周病が起きやすくなると言われたいますので、クリーニングでプラーク歯垢を取り除くことによって、歯周ポケットの改善が見込めると思います。

状態によっては確かに、ホルモンバランスの関係で大きく改善されることはない場合もあるかもしれません。まずはクリーニング後にチェックをしてもらうといいですね。

また、歯周病であると低体重児出産と早産のリスクがなんと7倍になると報告がありますので、定期的にクリーニングをされるといいと思います。
2018-09-06 07:40:15

この相談の詳細情報
このページは歯チャンネル提供のリンク機能を使用して、原文より一部抜粋したものです。
全ての質問文と回答を見る際は、原文をお読みください。
原文を見る 妊娠中のホルモンの関係で歯周ポケットは改善しませんか?
メインカテゴリ 歯周病(歯槽膿漏)<104>
妊娠〜出産〜授乳<45>
サブカテゴリ 歯周病(歯槽膿漏)治療<56>
妊娠中の歯科治療<27>
       
歯科相談 メインカテゴリ一覧
歯医者さんの探し方<30>
抜歯(抜けた・抜く予定)<1015>
歯の異常・トラブル<306>
歯の痛み<378>
知覚過敏<30>
虫歯(むし歯)<297>
歯の根っこの病気・異常<113>
根管治療(神経・根の治療)<261>
歯茎(歯ぐき)の病気・異常<280>
歯茎(歯ぐき)の痛み<72>
歯周病(歯槽膿漏)<104>
歯列矯正(矯正歯科)<385>
歯並び(歯ならび)<195>
噛み合わせ(咬合)<65>
歯軋り(歯ぎしり)<66>
顎関節症<75>
審美歯科・美容歯科<66>
歯のホワイトニング<18>
口臭<16>
親知らず(親不知)<744>
上顎洞炎(蓄膿症)<44>
小児歯科・子供の歯<184>
妊娠〜出産〜授乳<45>
歯磨き(プラークコントロール)<50>
舌、粘膜、唇の病気・異常<190>
アレルギー(過敏症)<66>
麻酔<118>
薬剤<82>
レントゲン・CT<38>
歯科恐怖症<43>
治療費・費用<66>
医療ミス・裁判・不信感<185>
詰め物、インレー<115>
クラウン(差し歯・被せ物)<227>
支台築造(歯の土台)<17>
インプラント<528>
ブリッジ<170>
部分入れ歯(部分義歯)<96>
総入れ歯(総義歯)<16>
衛生士・技工士・歯科助手<73>
専門的な質問<260>
歯科と全身疾患<124>
海外<124>
その他<844>