患者の皆様へ

――――新型コロナウイルスとの闘い――――

いつも、数ある歯科医院の中から当院を選んで通って下さり誠にありがとうございます。

さて、新型コロナウイルスにより皆様におかれましても、大変であり、辛い状況であることと存じます。

現在、当院はいつもより予約枠を縮小して、人が集まりすぎないように診療をするなど、                                いつも+新型コロナウイルスに対しての感染対策も行っています。

「こんな時に歯医者に行くの大丈夫?」「感染するんじゃないか?」と不安を煽るマスコミ報道も残念ながら出ておりここで、当院の見解をお伝え致します。(マスコミ情報ではなく、国内外の色々な文献や情報を目に通し、自分たちで知識を習得しております。)

 

歯科医院では、昔から見えない敵であるウイルスや最近と戦っているため、常日頃から院内感染防止のために                       滅菌システムを構築し、ありとあらゆる対策を練ってきております。

ですから、新型コロナウイルス騒動の前からHIV、B型・C型肝炎ウイルスなどの感染リスクを                              背負いながら仕事をしております。それは、我々歯科医療従事者の使命だからです。

医療人は特に「使命感」を強く持って生きています。マスコミが色々と言っておりますが、                               これからの時代生き残れるのは、情報を自分自身で正しく理解し、明らかにしていくことです。

歯科医院でルール通りに患者さん毎のグローブの交換や消毒・滅菌等をしていれば、                                  患者さんが歯科治療を受けることによって感染することはまずありえないと思っております。

また、口腔ケアをすることでインフルエンザ罹患率が約10分の1に減少することは文献的にも報告されていますので、                  口腔ケアは大切です。

ただし、新型コロナウイルス感染者の歯科治療は医療者にとってとてもリスクがあります。                               ですから、当院の大切なスタッフを守るため、皆様へお願いがあります!!

 

治療前に体調を今一度ご確認ください!

 

新型コロナウイルス感染者が歯科治療を受けると、術者の感染リスクが高いので、疑わしい時は予約をキャンセルして、                 軽症なら自宅安静してください。

我々は可能な限り自分の身を守りつつ、困っている患者さんの診療を致します。その気持ちを察して頂けたら幸いです。

新型コロナウイルスの問題は短時間では終息せず、長い旅路となると思います。歯が痛い時、食べられない時、                      不安な時は我慢するのではなく、治療を受けてください。

 

以上長文をお読みくださいまして、ありがとうございました。

 

 

最後に・・・もし国からの命令、その他諸事情により閉鎖を余儀なくなった場合は心よりお詫び申し上げます。

また最前線で診療に当たってくれている当院のスタッフ全員に心より感謝いたします。                                 この素晴らしいメンバーに声をかけて下さい!

新型コロナウイルスの終息を願い、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。

 

院長 加藤道夫