特殊義歯

義歯治療症例


入れ歯を入れていない状態です。
 
入れ歯を入れた状態です。
赤い矢印の先にミラクルデンチャーが装着されています。
患者さんは見立たず良く噛めると満足されています。
赤矢印先の白い部分が義歯の歯です。



初診時のX線写真と口腔内写真 入れ歯を入れていない状態です。
 
手術後4カ月後のX線写真と口腔内写真 入れ歯を入れた状態です。
患者さんは針金が見えないだけでなく、フィット感が良く、今までの入れ歯より良く噛めることで大変満足されていました。
赤矢印先の白い部分が義歯の歯です。


保険で出来る特殊義歯

私は研修医終了後、大学院に進学いたしました。当時関連病院を含めた年間の癌手術は100件以上あり、瀬戸晥一教授に与えられた最初の研究テーマは、口腔癌手術のリハビリテーションでした。

そのリハビリテーションの一つとして、私が特殊義歯を製作していました。顔または顔周囲の骨や組織などが失われた場合の特殊義歯、顎義歯(がくぎし)および舌接触補助床は、失われた組織や機能を回復させるための治療義歯の事です。

また舌接触補助床はの装置は脳卒中や神経疾患による「しゃべる、のみこむ機能」の障害のある方にも有効な場合があります。私はこれらの経験を学会で何度か発表もいたしました。その結果、今では日本顎顔面補綴学会の認定医を取得いたしました。
顎顔面補綴を希望している方は当院でも製作致しますので、お気軽にご相談下さい 。

保険が適用しない特殊義歯

インプラント義歯

当院ではインプラント治療を行っていますので、特殊義歯としてインプラント義歯があげられます。インプラントを土台として、マグネット(磁石で維持します)、バー(クリップを引っ掛けます)、ボール(ボタンの様な装置)、そしてロケーター(ボタンの様な装置)と患者さんに合わせたインプラント義歯治療を当院では行っています。

金属床義歯

保険のプラスチックより丈夫の為、義歯を小さくすることが可能です。また、熱伝導性が高いため食べ物の温度が伝わり食事が美味しい、清潔さを保てる、薄くて丈夫、装着感が快適、などのメリットがあります。金属床義歯に使用する金属には、コバルトクロム、純チタン、金合金など、さまざまな種類があります。

ノンクラスプデンチャー(義歯)

当院では、保険外の義歯では針金が見えない特殊な義歯を取り扱っています。

近年では従来の義歯と違って金属のバネ(針金の無い)を使用しない義歯ノンクラスプ義歯があります。金属を使用していないので、口を開けても目立ちにくく、金属アレルギーの方も安心です。また、食べ物が挟まりにくく、薄くて軽いので装着感にも優れています。

弾力性のある素材を使用しているので衝撃に強い特徴があります。3歯以上の片側遊離端、クリアランス(スペース)が2mmない。鉤歯(入れ歯を引っかける歯)が動揺しているなどの症例には使用できない場合があります。

また、欠点として、
•チェアサイドでの修理(リベース、リライニング)が困難である事。
•一般的に用いられているアクリル樹脂に比べて汚れがつきやすい事。
などが挙げられます。

ミラクルデンチャー(義歯)

独創的なアイデアと新技術によって生み出された義歯ミラクルデンチャーを当院では扱っています。ノンクラスプデンチャーと見た目は同じようですが、ノンクラスプデンチャーは歯に負担がかかるのに対し、ミラクルデンチャー義歯の装着がかかる歯そのものに余分な力が加わらない仕組みになっています。

そのため、その装置がかかる歯とミラクルが一体化し、固定・保護されて安定感が生まれてくるので24時間入れたままにしても苦痛がなく、残存歯の延命にも期待できます。歯が揺れていて、通常は抜歯になる歯の延命にも期待できます。

ミラクルデンチャーは次のような方におススメです

  1. 金具が見えるのが嫌な方(ノンクラスプと同じ)
  2. 入れ歯をはめていると気づかれたくない方(ノンクラスプと同じ)
  3. どうしても違和感があり、義歯をすぐに外してしまう方
  4. 現在使っている義歯で食事を味わえなくて困っている方
  5. 義歯を入れると痛みがあり、かめない方
  6. 何回も義歯を作るが、満足できない方
  7. 義歯に不満があるがインプラントが不可能な方
  8. 初めて義歯を入れるのに不安のある方

ミラクル義歯の特徴

  1. 金具がほとんど表に見えないので、入れ歯を入れているのが他人から見て分かりにくい。
  2. 従来の入れ歯より小さいので、現在義歯を装着している方はもちろん、初めての方でも違和感が少ない。
  3. 義歯の下に食べものが入りにくく、食後はずして洗わなくても大丈夫な人が多い。
  4. 24時間装着する事ができ、入れ歯だと気づかれないし、感じない人が多い。
  5. 従来の義歯と比べて、ほとんどの食べ物(おかき、おもち、ごぼう、コンニャク、タコ、イカ等の刺身)を噛める。
  6. 揺れている歯に装置をかけると、その歯の動揺を止めむしろその歯を保護してくれる。
  7. 上顎は口蓋(大きな床の部分)が取り除かれ、本来の食べものの味わいを取り戻すことが出来る。
  8. 1本の歯さえ残っていれば装着できる。
  9. 慣れれば簡単に着脱できる。

などです。


当院では、患者さんの希望にあった義歯を、これら沢山の義歯から選択出来るように準備しております。

お問い合わせのページへ

|  ホーム  |  ご挨拶  |  当院の特徴  |  スタッフ紹介  |  治療費  |  医院案内  |